膝痛について


HOME > 膝痛について

膝痛について

膝の痛みについて

膝の痛みは老若男女問わず、とても多いです。

若い人と年配の人、スポーツをしてる人としてない人などで膝の痛みの原因には違いがあります。

若い人に多い膝の痛みの原因は、

○膝に関連する筋肉の損傷

耳ツボダイエット,整体,大阪市北区,扇町,天満,慢性,痛み,しびれ,違和感,肩こり,腰痛,,骨盤矯正,姿勢矯正

膝に関連する筋肉(大腿四頭筋、ハムストリングなど)に損傷が起きるとトリガーポイントを形成し、その放散痛として膝の痛みが起きます。

このタイプの膝の痛みは、筋膜のリリースと骨盤から下肢にかけての骨格矯正をすることにより、症状が改善していきます。


次に、若い人では

○膝関節の靭帯の損傷

耳ツボダイエット,整体,大阪市北区,扇町,天満,慢性,痛み,しびれ,違和感,肩こり,腰痛,,骨盤矯正,姿勢矯正

膝を固定する靭帯(側副靭帯、前後十時靭帯)が、激しい運動などにより損傷しても膝の痛みが出ます。

靭帯の損傷の場合は完全断裂と不全断裂では処置が異なりますので、しっかりと検査をして靭帯の状態を確認することが重要です。

完全断裂の場合は、靭帯は元に戻りませんので、病院での手術の対象になります。

不全断裂の場合はそのまま周囲の血流を良くする事と、骨盤の矯正をすることにより膝の負担を軽減して改善していけます。


次に年配の方に多いのは

○大腿四頭筋の弱化からくる痛み

耳ツボダイエット,整体,大阪市北区,扇町,天満,慢性,痛み,しびれ,違和感,肩こり,腰痛,,骨盤矯正,姿勢矯正

この大腿四頭筋の弱化からくる痛みは、若い人にも起こりますが、年配の方がこの痛みを発症する場合問題にあんるのが「膝関節変形症」です。

この場合は、なるべく早く骨盤から下の歪みを整えて、膝関節の変形の進行を遅らせなければいけません。

重度に進行した場合は、「人工関節」の手術が必要になります。

これら以外にも、

○半月板の炎症(損傷)からくる痛み、

○関節包の炎症(損傷)からくる痛み

が多くあります。

半月板や関節包が完全に損傷して炎症が起きている場合は、専門医の診察が必要です。

ヒアルロン酸の注射や滑膜切除など、当施術院では施術できない治療で大変良くなることがあります。

ただ、損傷があっても炎症がなければ痛みは出ないので、大腿四頭筋の弱化も含めて骨盤から股関節、下腿の関節の調整と筋膜の調整が大変有効です。

骨盤矯正で改善する症状


>>肩こり・首の痛み >>四十肩・五十肩 >>背中の痛み >>頭痛 >>慢性の腰痛 >>ぎっくり腰

>>足のしびれ >>坐骨神経痛 >>膝の痛み >>股関節痛

>>めまい >>冷え性 >>生理痛・生理不順 >>不妊症 >>妊娠中の体調不良

>>便秘 >>胃腸障害 >>疲労感 >>不眠 >>頻尿

受付時間と定休日


受付時間;午前10時~午後9時*最終施術8時~(完全予約制、当日予約O.K.です。)

定休日;不定休(トップページのカレンダーでご確認ください。)

>>「受付時間と定休日」詳しくはこちらから

大宮整体院

ご予約・ご相談はこちらから

ご予約・ご相談

お電話でのご予約は受付時間内、当日予約の受付は午後7時まででお願いします。

メールでのご予約は2営業日前までに、ご予約希望日時を第3希望までご記入ください。
メールでのご予約は24時間受付しております。

ご希望日時でご予約お取りできない場合、キャンセル待ちも受付ています。
お気軽にお申し出ください。

PageTop

無料メール相談

メールフォーム

メニュー

はじめての方へ

自律神経失調症の方へ

当院のご案内

大宮整体院

住所:〒530-0035
大阪府大阪市北区同心2-5-20森下ビル201

電話:06-4792-7339

ブログ&モバイルサイト

ご来院の地域

骨盤矯正専門整体 | 大阪市北区大宮整体院は整体施術において地域No.1を目指しています!

大阪市(北区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・西淀川区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区)、吹田市、豊中市、門真市、守口市、高槻市、寝屋川市、堺市、和泉市、泉大津市などその他大阪府下及び他府県からもご来院頂いています。




大宮整体院 住所:〒530-0035大阪府大阪市北区同心2-5-20森下ビル201 電話:06-4792-7339


HOME - 施術内容 - 料金 - 患者様の声 - 当院のご案内 - ご予約・ご相談

プロフィール - プライバシーポリシー - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。